太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的

もし貴方の自宅に太陽光発電を設置しますと、災害時の停電などに大いに役立つことでしょう。
東日本大地震の影響によって、今まで以上に太陽光発電の設置が全国的に進んでいるのです。 自然災害で万が一停電をしてしまっても、遊林地などに太陽光発電を設置済みの場合には、大切なライフラインの確保が可能となります。
危機的な状況の中で電気だけでも使用出来るようにしておくことで、きっと便利になることでしょう。太陽光発電は太陽が当たる場所では基本どこでも設置することが出来ますが、遊林地もその一つとなります。
自然破壊をすることの無い太陽光発電ですので、遊林地に設置をすることに適応しているのです。

 

最初に設置費用としてお金を多額必要ですが、それでも上手に利用することで10年程度で回収をすることが出来るケースがあります。
そのような太陽光発電を導入することで、天災などが発生した時における非常用電源として有効的なのです。



太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的ブログ:09-5-2021

ミーの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

ミーのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
9時起きても口がいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったような肉体に出る症状もありましたが、
日々の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+おかしを食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ごはんをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでごはんをいっぱい食べる…なんて、
ミーの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた奥さんからは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はおかしに手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ごはんを食べたお箸をそのまま、
おかしの袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分を肉体が欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
ミーは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。