太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的

もし貴方の自宅に太陽光発電を設置しますと、災害時の停電などに大いに役立つことでしょう。
東日本大地震の影響によって、今まで以上に太陽光発電の設置が全国的に進んでいるのです。 自然災害で万が一停電をしてしまっても、遊林地などに太陽光発電を設置済みの場合には、大切なライフラインの確保が可能となります。
危機的な状況の中で電気だけでも使用出来るようにしておくことで、きっと便利になることでしょう。太陽光発電は太陽が当たる場所では基本どこでも設置することが出来ますが、遊林地もその一つとなります。
自然破壊をすることの無い太陽光発電ですので、遊林地に設置をすることに適応しているのです。

 

最初に設置費用としてお金を多額必要ですが、それでも上手に利用することで10年程度で回収をすることが出来るケースがあります。
そのような太陽光発電を導入することで、天災などが発生した時における非常用電源として有効的なのです。



太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的ブログ:21-6-2021

お子さんの脳は
トレーニングやお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えばお子さんに早期教育を施した場合、
確かにお子さんの知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けたお子さんたちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆にお子さんの脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

お子さんを笑わせないからこそ、
お子さんは脳の限界を突破できないのである。

お子さんは笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
母親はとにかくお子さんを笑わした方がいいのだ。

お子さんの笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

お子さんの笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

お子さんは「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
お子さんのお下劣な笑いに付き合って、
お子さんを笑わしてしまうことが大切なのだ。