産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要

これから近い将来、全国規模で太陽光発電が当たり前のものとなり、自家発電による電力供給がメインとなってくるでしょう。
太陽光発電から送られる発電量は確かに少ないですが、それでもある程度の電化製品の利用は十分に可能です。 割安な産業用太陽光発電を導入しても、結局設置費用で見積り以上の金額を請求されることがあります。
「どのような屋根の形状だったとしても設置可能です」と言ってくる業者は確実性に欠けており優良業者とは言えません。産業用太陽光発電の設計をするためには、まずは屋根の形状や質などを調査する必要があります。
適当に調査をする業者から産業用太陽光発電を購入してしまうことにより、後々トラブルを引き起こしてしまうこともあるのでご注意ください。

 

実際に企業様が産業用太陽光発電を導入する前に、年間予測発電量の調査をして見積りをもらいます。
実際に予定価格と支払う額が異なっている、なんてことはよく報告されているのです。



産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要ブログ:19-6-2021

みなさまは、
「中高年男性特有の臭い=加齢臭」だと
思っていませんか?

実は、
「加齢臭」って、
女性にもおこるものなんですよ!

さらに
食生活や生活環境の変化で、
加齢臭が低年齢化している傾向もあるとか…

気になる方は早めの予防が必要ですね。

そもそも
どうして加齢臭がおこるのかというと…

加齢とともに、皮脂腺から分泌される脂肪酸が増加し、
これと老化の原因と言われる過酸化脂質が結びつくことで、
からだからニオイ成分が発生するそうなんです。

では、加齢臭を引き起こす原因は…

まず
「肉中心の食べる事」
「揚げ物、おやつ、インスタント食品をよく食べる」
「マヨネーズ、バター、マーガリンをたっぷり使う」
…という食べる事が多いと、
分泌される脂肪酸が増えるみたいですよ!

また、
「ストレスが多い」「喫煙」「ビールの飲みすぎ」「睡眠不足」
…という生活を送っていると
過酸化脂質の原因である活性酸素が増えるそうです。

なので、加齢臭を防ぐには…
脂肪酸の原因となる
肉や揚げ物、油っこいものは控えめにし、
6時、13時、夜、
バランスのとれた食べる事を心がけましょう。

抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEを
食べる事にとり入れることが大切です。
主に緑黄色野菜やフルーツに多く含まれていますよ。

加齢臭を予防するには
食べる事や生活に気をつけることがポイントなんですね。

…ということは、
「加齢臭を予防する」ことは
「ダイエットにもなる」ので、
一石二鳥ということなんです!

ストレスをためず、
連日の生活の中で、
できることから始めてみてはいかがでしょうか?